Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ考えてみた。

結局
1匹たりとも救ってあげる事が出来ず
今年の仔引き~稚魚飼育が終わりました。

応援して下さったみなさま。
アドバイスして頂いたみなさま。

本当にありがとうございました。
とても感謝しております。

残念な結果になったけど
ただ終わるだけじゃ進歩がない。

全て落とした後で、原因は何だったのかと
考え抜いた末に思い浮かんだのが

1、酸素不足
2、寄生虫
3、エサの酸化腐敗

このどれかではないかと推察。
ただし、自分の中ではこれではないか?と疑える
確信めいた謎を解明すべく
帆柱があってハネた稚魚を使って検証中です。
(帆柱のある稚魚が大きく成長したらどうなるのか見たくて飼育していた(笑))
検証結果が出ましたら、公開致しますのでしばしお待ち下さい。


このまま終わってたまるかっ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

もう駄目かっ!!

わっはっは

とうとう全ての稚魚がおかしくなり始めた。゚(゚ノ∀`゚)゚。


なんて笑えないヽ(`Д´)ノ



とりあえず薬浴してまふ。


水温が高いままなので塩水浴は見送りました。
(塩水は酸素飽和量が淡水より低い為)


全ての道具という道具をイソジン+熱湯消毒してみた。


明日、起きて確認するのがつらい・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

一体なんやの!?

自家産ブルースター全滅
自家産翠金1舟分ほぼ壊滅
忘れ物和金全滅

一体なんやの!?
こんな大量死はさすがに初めてだ!
後処理どうこうよりまずは原因を追及する。

忘れ物和金の薬浴をしている最中に1匹舟粗外へ飛びだし1匹☆に
    ↓
残った和金はだいじょぶそうなので自家産ブルースター舟に合流
    ↓
翌々日、和金が☆に、しかしブルースターはいつもと変わらず元気
    ↓
本日、自家産ブルースター壊滅、自家産翠金1舟分ほぼ壊滅

和金なのか?
しかし死因が分からない。
尾腐れ・エラ腐れの兆候なし
穴あき・赤斑の兆候もなし
エラは普通に動いていた。

ブルースターの壊滅は今日の朝の7時に発見したのですが
その3時間前にトイレに行った時は全然元気でした。
餌くれしてたので少し与えたぐらいなので病気なのかも疑わしい。。

朝7時に見た時に、浮き沈み様々ではあったけど和金体型のブルースターが
お腹を上に横にしてたのを見て直観的にもう駄目だなと思いました。

そもそも全滅した場合は、病気の蔓延により・・と考えるより水がどうにかなってしまった方を
疑った方がしっくりきそうなものですね。


そして何より分からないのが自家産翠金1舟分ほぼ壊滅・・
自家産ブルースターとの接点はまるでなし。

なんか、嫌な負の連鎖に陥った気がする。。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

P

赤虫

昨日、自家産翠金をサイズ別にしたのですが
赤虫をブロックのまま常温解凍し、ドリップを切って与えてみたのですが
一番大きいサイズの飼育舟の自家産翠金は、ペロリとたいらげてしまいます。( ゚Д゚)ウマー

しかし、大きい子より少し小さい子は、赤虫がエラに詰まり呼吸できずに☆に・・・
エラに詰まりと書きましたが、エラから赤虫が出ていたのを見てなぜこうなった!と不思議な感じです。
そして大抵☆になるのは良い子からなんですよね(´・ω・`)ショボーン

お前にゃまだ良い子を創るには早すぎるというお告げでしょうか
いいえ 誰でも(エーシー

まだ暫くは赤虫を粗微塵にする作業が続きそうです (~´д‘)~

今日はまた別の金魚のお話。
我が家で唯一名前が付いている黒ピンポンことスクリュー君なんですが
丸い体型なのに黒々とした体色が渋みを上げていたお気に入りの金魚だったのですが・・・
餌を与えるといの一番に駆けつけバクバク食べる姿は愛嬌たっぷりで
私をいつも楽しませてくれました。
ずっと調子良かったんですが・・・






。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 ウワァァァン!!







ご冥福を祈ってやっt・・(マテ









まだ生きてるわ ヴォケー >゜)##)彡
P1010789.jpg
(・ω・)褪色しちまいやがんの

夏の高水温で色が抜ける話は聞いた事がありますが、要は褪色してしまうわけですね。
普通鱗ではないけど、褪色の様子が見れただけでもありがたいです。
翠金やブルースターですと透明鱗なので、褪色の様子は分からないので私にとっては貴重な体験でした。

もうすぐピンポン4匹が我が家にやってきて1年経とうとしています。
みんなでかくなって、色も変わっちゃって、それなりの変化もあったけど
無事に1年迎えられたらいいな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

金魚の夏

金魚と言えば
やっぱり夏の風物詩ですよね。

金魚掬いで掬った金魚が最初の金魚なんて人も多いはずです。
大抵は子供さんがやりたいと騒ぎ大人は負けちゃうんです(笑)

しょうがないなぁ~
その代りちゃんと水も換えて餌もあげてお世話するんだぞ的なことを言われ
適当に返事をして金魚掬いに興じるみたいな。

うん
きっとこんな感じだろう


だろうとか言っちゃってますが実は
金魚掬いをやったことがないシャムさんです。

なんでやったことがないのか思いだせません(´;ェ;`)
夏祭りには良く行ったんですけどね。

一度でいいから金魚すくいやってみたいですね~


稚魚がいるんだからそれでやればいいじゃんとか言っちゃ(;´Д`)× ダァメ!ダァメ!

P1010790.jpg
自家産の翠金ですが選別をしました。
選別といってもサイズ別にしただけなんですけどね。
画像の仔らは稚魚の中では大きい部類になります。

舟のそばに立つと舟の奥にいても餌ちょうだ~~~~~いって言わんばかりに
酔ってくる自家産翠金(*´∀‘*)デレェ
やっぱ可愛いですなぁ(*´ェ`*)

P1010792.jpg
オレンジが出てしまってる仔がいます。
残念ながら翠金としてはハネになっちゃいます。

少し思うところがあって飼育実験にこのオレンジの仔を使う予定です。
P1010796.jpg
ろ材直ぶち込み飼育です(笑)
餌が少ない時はここに稚魚が集まってひたすらつついてます。
なんでこんなことするの?と言われれば簡単な話で、物理濾過を無視しているだけです。
食べそこなった餌をとりださなきゃいけないんだったら、人の手で物理濾過すればいいじゃん的な(笑)
そのかわりろ材に吸着しているバクテリアには、生物濾過をしてもらいつつ
稚魚の餌になってもらおうというわけです。
ケースに包まれていてはそれもできませんしね。

で勢いのままにろ材直置き型へと落ち着いたわけであります。

別にお勧めはしませんが、金魚を飼育されている各人思い思いの考えがあるでしょう。
いろんな工夫を凝らして実践して
それが結果を残したとなれば、そのすべてが正しい飼育方法になるでしょうから
他人の飼育方法についてケチつける野暮ったいことはなしにしましょう。

バクテリアを利用した給餌方法も検索すれば多くHitするようになってきました。
しかし、あれについての批判もなきにしも。

ただ、バクテリアや菌が体内に入って腸にて排泄物の分解など補助する餌なども少なからずある事を考えれば、
その効果があると思って実践し、思うような成果があればそれも正しいと私は思います。
正しい使い方はこうだ!なんて視野が狭いと本質は見えてこないものなのです。

今年の夏は、全ての金魚飼育家にとって実り多き季節であって欲しいと願います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



金魚の干物。・・

昨日、忘れ物である和金2匹をお持ち帰りし
水合わせをし薬浴中だったのですが、本日帰宅した時に見たところ1匹足りない・・・

夏のノルディック スイミングジャンプの部において見事なk点超え炸裂

干物へと進化致しました。

恐るべしだな!和金!
容器の縁と水面差10cmはあったのにまさか超えるとは思わなかった。
用心のためさらに10cm程水面を下げてみました。

病気で死ぬのなら致し方がない。
私の飼育技術のなさを恨めばいいけど
飛びだして干物化なんてどうしようもないorz

地震でびっくりしたのかな。
昨日の記事の末尾に強く生きて行こうと書いたが
強く生きるのベクトルが違うんだよぉぉぉヽ(`Д´)ノ

みなさん
和金を飼うときは水量にお気を付け下さいね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

金魚の忘れ物

ご飯が炊けるのを待っている今は7月10日の22:11
炊飯男子のシャムさんです。

今日は朝から慌ただしく落ちずーのそわそわーのでした。
というのは、出勤してすぐ職場の仲間が

『金魚ちゃんを助けてあげて!』

へっ?

会う人会う人同じ事を言う。
そして、控室にいって涼もうと思った私の目に飛び込んできたのがこれだ。

DSC_0136.jpg

ぉぉぉぃ・・・・

金魚ってこれかいっ(   ゚д゚   )

一体どうしたのか聞くと、昨晩私が帰宅した後にこの金魚が忘れ物である事に気づいたらしく
とにかくまずは容器に移してあげたそうです。

そして朝になって水を換えてあげてパンくずを与えたそうです。

水を換えたってちゃんとカルキ抜いたよね?って聞くと
カルキって何?と即答

┐( -"-)┌ヤレヤレ... そうだと思ったよ(笑)

すぐに別容器を用意してシャムさん感覚水温計(ようするに指)で水温を合わせて
水を張りティッシュを水面に浮かべ取り除きました。

水量も少ないのでティッシュでカルキ抜きしたのですが、全く臭わないしだいじょぶそう(´▽`) ホッ
DSC_0137.jpg

容器の左下の数字札は忘れ物管理番号であります。
もし取りに来られた場合に品物を間違えないようにするわけですが
一応忘れ物という扱いでこのまま様子見してました。

そして時々金魚の様子を見ながら、忙殺され
ようやく仕事が終わり、金魚をみると若干の赤斑の兆候がありました。
これは何もしなけりゃ死ぬなーとか思ってたら
なんとか治して飼ってやって下さいと職場の方に言われてしまいました(-ω-;)ウーン

金魚は好きだけど和金のような長物系専用の水槽がないんだよなぁとか思いつつ
現在水合わせ中だったりします(笑)

まぁ、なんといっても金魚ですからっ!
忘れものだろうとなんだろうと見過ごしたら愛好家の看板下ろすっきゃないです(掲げてもいないがw)

ただ、ひとつどうしても言いたい。

飼う気がないなら金魚すくいをやるなっ!!
飼えないからと事情を話し同じ舟に戻すなら良いのですが、持って帰ってきて放置とか
人も金魚も命だろうが!

縁があってうちにやってきた和金くん
力強く生きて行こう!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村


毎日(;´ρ`) グッタリ

毎日毎日飽きもせずカンカン照りしくさりおって。
梅雨らしくない天気に早くもバテ気味なシャムさんです。

仕事忙しいと水分補給の間もないので気づいたら足にきてたりします。
今日は頭がガンガン痛くなり、まっすぐ歩きたくても前に足が出ないという。。

水換えしたばかりの水で泳ぐ金魚はなんと涼しかろう。
一緒に泳ぎたくなります(メイワクw

夏前にバテて、夏本番はどうなっちゃうのか!?

とりあえず辛い物食べよう計画発動です。
あつはなついんです。
辛い物食べるとなつくなります。

今日は大辛麻婆豆腐に決定です(`・ω・´)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

とにかく謎ぃ・・・

やっと仕事が終わって帰宅です。
ただいまのお時間 22時28分。
朝、家を出るのが9時半ですので12時間ぐらい家を空けております。

その間、自家産翠金は今頃どうしてるのかなと常に考えてます(笑)

まるで恋するおとm・・(*ノノ)キャ




べ、べべべ別に 恋なんかしてないんだからねっっ

シャムさんです(`・ω・´)



拾いきれないボケはこの辺でw

本日のタイトル『とにかく謎ぃ・・・』
まずはこれを見て頂きたい。
P1010701.jpg
しっかり揚がってるやないかーい"( ^-^)/且☆且\(^-^ )"チーン

というか一体どこに生要素があるのかが全く分からない。

生メンチがあるってことは生コロッケもあるってことだな?

生グラタンコロッケ。。。ぐにゃぐにゃしてそう

生マグロカツ・・・むしろカツにしない方がよさそう(A;´・ω・)フキフキ

この生の定義、分かる方いましたら是非教えて下さい(笑)


そして、本日2枚目の画像はコレだ
DSC_0132.jpg
これ、我が家の近くにある保育園です。
この建物の周辺は田んぼという自然たっぷりな保育園です。
自然があることが売りではなくこの建物に描かれたイラストが金魚であることが
何よりうれしい(*´∇`*)
黒出目金に琉金でしょうか。
尾ヒレ長いですね。
そして遊具とかぶっていますがあのフォルムは間違いなくナンキンでしょう。
この建物の横にも金魚が描かれています。

しかし上手いな(o´・ω・)´-ω-)ウン

出目金なんかでかくて黒くてトラウマになりそうな気がするのは私だけ?(笑)

ぜひとも翠金やブルースターの絵も描いてほしいものです(殴

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



自家産翠金

稚魚の域はまだまだ抜けらないけれど
我が家で生まれた翠金の稚魚ですので、自家産翠金と今後呼ぶ事にしました。
日々の変化を楽しみ、私が育てるとこんな魚になるという意味も含めて
ご紹介できればと思っています。

失敗もあるでしょうが生温かい目で見てやって下さい<<○>> _ゝ<<○>>

2週間ほど前は、痩せた感じが成長障害を思わせるかの容姿で少々焦りがありましたが
イトメや練り餌など、餌がれ対策も少しずつ実ってちょっとだけ金魚らしくなりました。
現在は4舟に分けて飼育中。
単純に飼育数を4分割しただけであって1軍や2軍、ハネ対象などもまとめて飼育しています。
<1舟目>
P1010693.jpg
<2舟目>
P1010695.jpg
<3舟目>
P1010698.jpg
<4舟目>
P1010700.jpg

らんちゅう師さんやその他品評会を視野に入れている方は、1軍2軍といった表現に近しい選別をし
見込みのある魚に重点を置くのが至極当然であろうと思います。
私の場合、そういった品評会などは一切視野に入れていません。
私は平付け三つ尾に準じている、又はその基準に近い魚で普通鱗でなければ全て残しています。

それでは魚が大きく育たないなんて思う方もいらっしゃるでしょうが
飼育環境の拡充は設備もスペースもまだまだ十分にあります。
いつまでに何cm以上なんて気にしない方が、魚にとっては幸せな事だと思っています。

翠金を含めたミューズタイプは、元々土佐錦魚の血が入っていますのでそれほど大型化はしません。
東錦の血も入ってますので、同じ腹でも大きく育ってしまう仔もいます。
色合いや体型など見てますと、大型に育ってしまうタイプは、
尾と体型とのバランスなどを見る限り、親としては使えないと思います。
肥満肥りでしたら、そこは単なる飼育者の腕ですので改善の余地はあります。

現在、若干ですが緋が出てきた仔がいます。
去年、川原さんに翠金同士でも彩錦はでますよと言われたけど、こういうことだったんですね。
普通に考えれば、元々金魚といったら赤というある種の固定観念があるところ
赤が全くない金魚を創ろうとしてるわけですから、赤との戦いになります。
単純に青と黄色で翠と分かっていても、とても大きな壁がありますね。

今はシルクが多いのですが、浅葱が入り始めてる仔も少なくありません。
恐らくほぼ全ての稚魚に、何らかの色が体現されると思っています。

我が家の自家産翠金はどう育っていくのか、どう育てていけばいいのか
色々見えてくる1年になればと思っています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。