Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちん。

最近の若いもんは全く・・・

なんて言葉が出てくるとオヤジの証拠なんて言いますが、最近自分もそう思う事が多々ある。

なんでもかんでも教えてくれくれ君とかね。
まぁかなり身近にいるんだけども・・・

少しは自分で調べろ!というと

いいじゃないっすか ケチ

こんなこと言うガキに
金魚の飼育水を死ぬほど飲ませてやりたい!w
口腐れになってしまえw
そして爆ぜろw

すいません
ちょっと愚痴りました。

関わると面倒なのことこの上なし。

サッカーもそう
距離感が大事だね!







続きを読む
スポンサーサイト

ふと気づけばメダカネタが少ない。

今日は久しぶりに休みでございます。
先週の日曜も北川辺さんに行ったけど14時から仕事でしたしね。

最近は朝の5時台に目が覚めるので魚を朝からいじくり倒してます(゚ロ゚;

ほっと一息ついた頃、のんびりしたくなり近くにある道の駅ロマンチック村でブラブラしようと
野郎が一人で出かけたんですよ。

男一人でロマブラですよ。ロマブラ
(ロマンチック村をブラブラ)

辺りを見渡しても30代の人なんかいません。
どうみても40~60代の方々ばかり。
カフェラテを買いおまけのパンの耳ラスクを頂き、おにぎりを買って
一人ベンチでもぐもぐですよ。

絵面悪ぃわ!

これがおじいちゃんだとなんかいいのにね。

おにぎり食べ終わったらひとっ走り鹿沼までれっつらごーです(古っ

続きを読む

北川辺金魚園さん

行ってきました!

北川辺金魚園さん

東武線で1時間チョイとは近いもんですね~。
JRを使うともっと時間がかかるという・・

乗換とかよくわかんないのでどきどきしてました。
暇つぶしアイテムを何も用意してなかったのでスマホでいろいろ観たり
Twitterのフォロアーさんと話してたら既に充電36%・・
google先生がないと道が分からないので充電確保のためにスマホをバッグにしまい
30分ほどぼーっとしてました。

人が少ない電車っていいですなー。
お土産を売っている駅がないのも新鮮だー

北川辺金魚園さんに着いて早速販売魚を見てみると
もう久しく忘れていたあの感動。
良い金魚を見て興奮ですよ!

金魚を見ながらいろいろ雑談させて頂きました。
2011.3.11の東日本大震災の後の話や魚種の話。
あの地震以降お見えにならないお客さんの話。

いろいろ爪痕を残しまだ癒えないと感じました。

そんな話をしていたらただ水面に見惚れてのトラおさん登場。
今日は会えなくて残念だなーと思っていつか必ず!なんてメールをしたら
まさか飛んでくるとは思いもよらずww

えらい勢いでスマホのカメラで写真撮りまくってました(ぇw

わりとすぐにお初のとさてつさんがいらっしゃいました。
お会いするのは初めてでしたが初対面にも拘らず気さくにはなしかけて頂き
小心者の自分はとても助かりました(ウソツケww

とさてつさんはアレです。
北川辺金魚園の  裏営業マンだったのデス。
自分が江戸地金とか選んでいると2匹とか言わずにコレ(水槽を指さし)全部買っちゃいなよと囁くのですよw

その水槽の金魚全部買ったら10万くらい飛びますがwww
裏営業マンの敏腕ぶりを垣間見たとです[水槽]_・)チラッ
そういえばどんな魚種を飼育しているのとか聞くの忘れちゃいました。
時間がなくて魚を選ぶ時間もあんまりなくて結構必死だったのです(-"-;A ...

14時から仕事ということでそろそろ帰ろうと思ったその時、
人見知りの金魚ブログのさぶまきりんさんが登場!!

さぶまきりんさんともお初でしたが、もう本当に時間がなくて挨拶だけになってしまいました(´;ω;`)

後ろ髪惹かれながらも北川辺金魚園さんを後にし急いで帰宅
水は用意しておいたけどもう本当に水合わせなんてやってる時間がなかったので
空の容器に袋の水をそのまま入れてエアをかけて出勤。

それでも遅刻でしたけどね

次回は9月頃を狙って行く予定です。
その時にまたお会いできればと思います。

写真を少し撮影しましたが
北川辺金魚園さんの意向でブログアップは致しません。
理由はいろいろありますがここでは割愛させて頂きます。

ざっとですが、本日伺ってみた品種。

津軽錦
弘錦
京錦
雅錦
東海錦
藍錦
赤目雅錦
赤目コハク地金
穂竜
変わり竜
江戸地金
桜地金
日本オランダ
関東アズマ
南京
キャリコ土佐錦魚
大阪らんちゅう
三州錦
赤目ブリストル

漏れがあるかもしれません。

次はのんびりいきたいなー...( = =)

本日購入した金魚
↓↓

続きを読む

アドルフォイ

今週末
北川辺金魚園さんに行くと弾丸ツアーで話しましたが
その時に、体調管理を怠らないようにしないとといっておきながら現在風邪をひいてるシャムです。

なんか便秘にもなったらしくお腹が痛い。

やれやれ
なんでいつもこうなんだろう・・

続きを読む

水モノ景品について。


(フグについて)
①餌の選び方
ペット屋さんで売っている【冷凍赤虫】をお求めください。保存には冷凍庫(家庭にあるもので大丈夫です)が必要です。また、”ミドリフグの餌”といった人工飼料が販売されていますが、個体によっては餌食いが悪かったりもします。確実なのはやはり、【冷凍赤虫】です。

②餌の与え方
冷凍赤虫はおよそ1cm四方のキューブ状の形状をしています。仮にミドリフグ1匹に対して給餌をする場合、1回につき、その1キューブの1/5、もしくは、それ以下で充分です。また、フグは基本的に、エサをやった分だけ食べてしまい、後々消化不良を起こして最悪、死に到る場合もありますので、注意して下さい。お腹が膨らんできたら給餌をやめましょう。

③混泳(1つの水槽に複数種の魚を泳がせることです。魚種によって、相性があります。)
フグは単独飼育が基本です。アベニーパファーなどは複数飼育もできなくはないですが、やはり、ケンカはしますし、弱い個体がいじめられます。
また、他の魚にも攻撃するので、やはり単独飼育、もしくは単独種複数飼育です。特にグッピーなど、ヒレの長い魚のヒレを齧ったりもします。

④水の交換について
原則的には週1回・水槽の1/3、などと言われておりますが、生体の状態に合わせ、回数や交換する水の量などは調節して下さい。特に飼育開始時には水質が悪化しやすいので、魚の状態をよく観察して下さい。水質を悪化させる主な成分は生体の糞や残餌などから発生する、アンモニア、亜硝酸、とされています。これらの濃度を計測する試薬なども熱帯魚販売店等で売られていますので、必要に応じて使用する事もひとつの手です。また、水交換は濾過機を使用している/していない、もしくは水槽での飼育/ボトルでの飼育、に関わらず必ず必要です。水替えの必要がない飼育システムは現在のところ、発明されておりません。

(クマノミについて)
①餌について
ペット屋さんに売っている通常の【熱帯魚の餌】もしくは【海水魚の餌】で構いません。魚の大きさに合わせえて粒の大きさを選びましょう。
生餌、冷凍餌(冷凍ブラインシュリンプや冷凍ミジンコなど・・・熱帯魚専門店で取り扱っています)なども食べます。

②餌の与え方
見ている前でおよそ30秒以内程度で食べきれる量をあげてください。特に魚を飼育したことのない方にとっては”これだけでいいの?”という分量で大丈夫です。餌が食べきれずに水底に落ちていっているようですと、あげすぎです1日1回程度で大丈夫です。

③混泳(1つの水槽に複数種の魚を泳がせることです。魚種によって、相性があります。)
個体によって縄張り意識が強い物があり、水槽内でも立場の優劣が明確になる場合があります。弱い個体などは最悪、隔離する必要があるかもしれませんが、石などの隠れ場を作る、などの対応や匹数を増やす(縄張り意識が薄れる)などの対応が必要です。
また、クマノミに関しては必ずしもイソギンチャクを入れなければいけない、という事はありません。

④水の交換について
本種は海水魚です。淡水での飼育はできません。海水については、【マリンソルト】といった商品がございますので熱帯魚専門店でお買い求め下さい。塩分濃度については【比重計】という商品(比重計は¥1000以下で買えます)があります。これで塩分濃度を海水と同濃度にします。水替えについては1週間~10日に1回程度がセオリーとされていますが、水槽内の魚の量、餌の頻度などによる水質の悪化の程度で判断して適宜対応します。ボトルのままでの暫定的な水交換としては、ボトルの水位、満タンから1cm程度落とした水位で、マリンソルト、ペットボトルのキャップおよそ1.5杯が適量(海水と同程度の塩分濃度になる)です。

(ご注意)
生き物の飼育に【絶対】はありません。上記した文面も環境・魚種により変化する場合がございます。お客様の責任で飼育をお願い致します。万が一の生体の死亡・水槽設備の事故(水漏れ・漏電etc)等がございましても当店では一切の責任は負いかねますので、ご了承くださいませ、ご不明な点はお近くの熱帯魚店様でお問い合わせくださいませ。不用意な放流は生態系に悪影響を及ぼすだけでなく、法律によって罰せられる場合もございます。絶対に放流はしないように、お客様の責任において最後まで飼育をお願い致します。

その他飼育に関してご不明な点がありましたら、最寄りの熱帯魚販売店へご相談ください。



ミドリフグとクマノミのUFOキャッチャーの景品をリリースしている会社が作成した飼育マニュアルを原文ママ記載しました。
最大の疑問点はクマノミは海水魚と謳われているのに対しフグはそういった記載が何一つないこと。
この説明書を読んだ時、このミドリフグは純淡水ミドリフグなんだなぁって思いました。

自宅に持ち帰りミドリフグの飼い方を調べていたら、ほとんどのサイトで汽水魚という扱いをしていたので
絶対に真似はしないで欲しいのですが、フグが入っていたPOTの水を手につけて舐めてみたらしょっぱかったのです。

P1010959(1).jpg
ミドリフグが入っていたPOT

所々文面が説明書というには似つかわしくないおかしな所があったり、句読点が変に入っている、入りすぎているため読みにくいとかこの際気にしないようにします(笑)

汽水魚を飼育したことのない自分だから、この説明書通りに飼育を始めたら恐らくもう☆になっていたかもしれません。

何が正しくて何が間違っているのか、判断するのは自分です。
自己責任といえばそうなのですが、こういった説明書を作るのであれば正しい情報のみが欲しいです。
今回は事なきを得ましたが、アカヒレ(コッピー)やメダカのPOT販売を見たことあるので、まだまだこういった水モノ景品が増えるかもしれません。

もしこれらを手にすることがあったら、自分で満足するまで調べて下さい。

弾丸ツアー

アナタは今、金魚ガチャをやりたいのに手元に100円玉がないことに気づく。

両替をお願いしたらやんわりお断りされてしまった。

1000円札はあるけど両替できず・・・

ふと辺りを見渡すと近くに100円で買えるジュースの自動販売機があった。


さぁ、アナタはどうしますか?







続きを読む

やってもうたぁぁぁぁ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。


多分世間一般的な話。
アクアリストブロガーさんがタイトルに「やってもうたぁぁぁ」なんて付けるってことは

Ⅰ、管理ミスで魚が☆に・・・
Ⅱ、管理ミスにより魚がケガ及び病気に・・・
Ⅲ、水槽を割った
Ⅳ、注水中に他に作業をしていて床上浸水(笑)
Ⅴ、スペースもないのに魚を追加導入

まぁ、自分が思うTOP5を並べてみました。

( 」´0`)」 でーもーねー

自分はそこに+αされてしまうわけです・・・

続きを読む

彼女とすごしたこの10カ月。

時は遡ること10か月前

2012年8月
その日はとても暑く、じっとしているだけで汗が流れる。
そんな日に彼女はやってきた。

まだ小さく細く、とても大きな瞳。

気付かなかったわけではない。
だが彼女はいつしか大人への階段を昇り始めていた。


続きを読む

本日は素人金魚名人戦

本日は第33回素人金魚名人戦開催日です。

時間:12:00〜16:00

場所:阿佐ヶ谷 寿々木園(阿佐ヶ谷駅より徒歩5分)

入場料:無料


品評会とは違いこの金魚がいいな!と思った金魚に来場された方が投票していく人気投票システム
投票して下さった方には愛好家サンが持ち寄った金魚のプレゼントがあるそうですよ。

お近くの方、所用で近くまで行かれる方
ちょっと覗くつもりでぜひ一度足を運んでみてください。

ドキッ!稚魚だらけの撮影大会+おっさんもあるよ?

いかにも古臭いタイトルですなー。

年齢バレそうです(´゚д゚`)


残念ながらポロリはありません。





おっさんはあるよ?

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。