Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金魚の夏

金魚と言えば
やっぱり夏の風物詩ですよね。

金魚掬いで掬った金魚が最初の金魚なんて人も多いはずです。
大抵は子供さんがやりたいと騒ぎ大人は負けちゃうんです(笑)

しょうがないなぁ~
その代りちゃんと水も換えて餌もあげてお世話するんだぞ的なことを言われ
適当に返事をして金魚掬いに興じるみたいな。

うん
きっとこんな感じだろう


だろうとか言っちゃってますが実は
金魚掬いをやったことがないシャムさんです。

なんでやったことがないのか思いだせません(´;ェ;`)
夏祭りには良く行ったんですけどね。

一度でいいから金魚すくいやってみたいですね~


稚魚がいるんだからそれでやればいいじゃんとか言っちゃ(;´Д`)× ダァメ!ダァメ!

P1010790.jpg
自家産の翠金ですが選別をしました。
選別といってもサイズ別にしただけなんですけどね。
画像の仔らは稚魚の中では大きい部類になります。

舟のそばに立つと舟の奥にいても餌ちょうだ~~~~~いって言わんばかりに
酔ってくる自家産翠金(*´∀‘*)デレェ
やっぱ可愛いですなぁ(*´ェ`*)

P1010792.jpg
オレンジが出てしまってる仔がいます。
残念ながら翠金としてはハネになっちゃいます。

少し思うところがあって飼育実験にこのオレンジの仔を使う予定です。
P1010796.jpg
ろ材直ぶち込み飼育です(笑)
餌が少ない時はここに稚魚が集まってひたすらつついてます。
なんでこんなことするの?と言われれば簡単な話で、物理濾過を無視しているだけです。
食べそこなった餌をとりださなきゃいけないんだったら、人の手で物理濾過すればいいじゃん的な(笑)
そのかわりろ材に吸着しているバクテリアには、生物濾過をしてもらいつつ
稚魚の餌になってもらおうというわけです。
ケースに包まれていてはそれもできませんしね。

で勢いのままにろ材直置き型へと落ち着いたわけであります。

別にお勧めはしませんが、金魚を飼育されている各人思い思いの考えがあるでしょう。
いろんな工夫を凝らして実践して
それが結果を残したとなれば、そのすべてが正しい飼育方法になるでしょうから
他人の飼育方法についてケチつける野暮ったいことはなしにしましょう。

バクテリアを利用した給餌方法も検索すれば多くHitするようになってきました。
しかし、あれについての批判もなきにしも。

ただ、バクテリアや菌が体内に入って腸にて排泄物の分解など補助する餌なども少なからずある事を考えれば、
その効果があると思って実践し、思うような成果があればそれも正しいと私は思います。
正しい使い方はこうだ!なんて視野が狭いと本質は見えてこないものなのです。

今年の夏は、全ての金魚飼育家にとって実り多き季節であって欲しいと願います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。