Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女とすごしたこの10カ月。

時は遡ること10か月前

2012年8月
その日はとても暑く、じっとしているだけで汗が流れる。
そんな日に彼女はやってきた。

まだ小さく細く、とても大きな瞳。

気付かなかったわけではない。
だが彼女はいつしか大人への階段を昇り始めていた。


<画像クリックで拡大表示>

2012年8月中旬
P1020249.jpg


2012年10月中旬
P1020597 (640x480)


2013年2月下旬
P1000574(1).jpg


2013年6月中旬
P1010860(1).jpg

デュフフw
蝶尾のお話でした( ´艸`)

真面目な成長記録にしようとしてたのに
気づいたら怪しげな文から始まってもうた(ノ∀`)

現在の蝶尾稚魚のメス親の変態成長の様子ですです。
我が家にきてすぐに褪色が始まり楽しみに見守っていましたが
最終的には六鱗模様に近くなりました。
お気に入りの鹿の子は消え失せ純白の鱗に着替えた模様です。

蝶尾に限った話ではないけれど、特に黒い金魚は環境によっては褪色しやすいですね。

色が抜けてしまうことを嫌煙する?
逆にそういう変化も楽しめる?

個人で思う所はあると思います。
自分は後者なので、黒→赤→白はまさに理想の展開でした。
黒→白だとちょっと残念だったかも。
虎模様の金魚は一時的にしか見られない貴重なものというわけです。

透明鱗系の金魚の稚魚ばかり育てていたら
出会えなかった色模様の変化を楽しめた貴重な10か月でした。


スポンサーサイト
671:おはようございます☆

色柄七変化って感じですね!
最終柄もメインの尾が際立つ柄で綺麗です(^o^)
それでも、鹿の子は惜しかったですね。
私も鹿の子好きなんです。
お洒落な感じがいいですよね!?

2013.06.11 08:42 シーブソン #H48jUHaA URL[EDIT] 返信
672:シーブソンさん

おはようございますー。

筋状に色が入ると見応えが違ってきますよね。
赤蛇腹とでも言えば良いでしょうか。

鹿の子は人生初だったので冬眠から起こした時にびっくりしたと同時に興奮しましたよ~(*´Д`)ハァハァw
いずれ消えてしまう柄だとしてもひと時の輝きのようなものは感じとれました。
復活してくれないな・・w

2013.06.11 08:46 シャム #uiF0Ky3U URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。