Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャム流金魚飼育の巻【濾過・水換え編】

あまり紹介してなかったなと思い
Re:金魚至高として再開したからには、少し私の金魚飼育法をつづりたいと思います。

尚、私流であって万人に共通するものではありませんのであしからず。

まず、濾過のお話。
基本濾過機には頼りません。
使っていますが、頼りにはしてないというのが正しいかもしれません。
フン濾し機くらいにしか考えてません。
でも、投げ込み式(水作やスドー)は使います。
投げ込み式はフンを集めてくれるので、掃除が楽だったりします(笑)

濾過機に頼らない理由なんですけど、
60センチ水槽に

・上部濾過2機
・水作DX
・底面濾過

という濾過機ばっかりの水槽を以前作った事がありました。
でも2週間で水換えすること約1ヶ月。
濾過機を増やせば、いつまでも綺麗な水、という事ではないのなら
いっそ水換えに勝る濾過はないだろうと考えたわけです。
フン濾しは、毎回餌を与える前にやっています。

以前はありませんでしたが、オキシデーターやミネラルバクテリアなど
水質改善・維持を補助する物が出ていますね~
ちょっと高くて手が出せず(笑)
活性酸素により、コケの発生を予防する効果があるらしいのですが
オキシ使ってる方の水槽をみるとコケだらけですよね(笑)

大量の酸素を水流を作らずに供給できる、との事ですが
酸素のある環境では発生しない、『嫌気性バクテリア』による硝酸塩の分解は
オキシデーターを投入された環境では、行われないことになります。
コケの栄養分は、硝酸塩やリンだったりしますので、
コケが生えるのは納得できますね。

話が逸れました(笑)
簡単に言うと

『”金魚”を飼うということは”水”を飼う事』

濾過があろうとなかろうと、オキシやミネラルバクテなどを使用、未使用に関わらず
水の状態を見極められる事が、金魚を飼うということになると思って行動しております。
その為に、自分でできる水質検査をするのも、有効な手段の1つだと思います。

私は、水の臭い、エアレーションの泡の状態、水の色など、一般的な飼育マニュアル本に書いてある
水換えのタイミング通りの水換えです。

PHショックを与えない注水方式。
毎回全換水。
1/2換水。

などなど、水の状態や病気の発生などで様々だと思います。

私は毎回全換水です。
金魚に負担になるんじゃないのー?
という声が聞こえてきそうですが、問題が起こったことはありません。
舟飼育してれば、案外普通の事なのかもですけどね。

水合わせ(水温合わせ)も±1℃くらいなら気にしません。
雑に思われるかもしれませんが、金魚ってそんなに弱くないですよ?
水深のある池では、底と水面付近では水温が違っています。
そんな場所を行ったり来たりできる金魚が、水合わせの温度で1℃違うだけで
死んでしまうことなどないだろー っていうのが私の見解です。

たぶん全然参考にはなりませんね(笑)
とりあえず、濾過。水換えについてはこの辺で。
スポンサーサイト
91:

水換えを怠るとまともに金魚はそだちませんよね。当歳なら尚更…

共感できる部分が多いですねぇ。

私の場合はなんきんがメインになりますので上部は濾過能力は期待しませんが糞こし&アオコこしには欠かせません。

アオコこしは投げ込みタイプのみですとどんどん負けて青水になりますが、上部だとちょっと一手間加えてやれば青水にはなりにくいです。
それでも夏場は上部でもちょっと水換えやメンテ怠っただけで青水になってしまいますが…

水あわせについては気にするのは初期だけですね。馴染んでからは私もかなり雑ですよ(笑)

2010.10.10 12:03 豚野郎 #- URL[EDIT] 返信
92:晴れてる~

こにちわ~

なんか雨の予報を覆し晴れてますな(汗)

ミューズや翠金だと、青水飼育が適しているので、濾過はいらなかったりするのも、濾過に頼らない理由の一つです。

その分、しっかり水の状態を見れないと、落としてしまうので(汗)

水換えの刺激で魚が成長するなんてよく聞きますね~

何が根拠なのかは分かりませんが、なんとなく分かります(笑)

2010.10.10 14:30 シャム #uiF0Ky3U URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。