Re:金魚至高

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠金

なんだか蒸し暑くてイヤですね。
秋はもっと涼しくあるべきダ━o(`・д・´)ノ━!!

さて、久しぶりに翠金を洗面器にあげてみました。
この翠金は通販にて購入した魚です。
洗面器にあげて初めて分かったうちの翠金のサイズ。。

P1000818.jpg
でけぇな ぉ~ぃ!
8/17にウチにやってきてまだ2ヶ月経ってないのにっ


P1000825.jpg
川原さん曰く、赤が入ると仔引きした仔から、赤が多く入った魚が出るとの事。
翠金の親候補としては外れそうだけど、こういう魚からどんな色の魚が生まれるか
川原さんならきっと仔引きするに違いない(o´・ω・)´-ω-)ウン


P1000826.jpg
この子は比較的綺麗にまとまった感じです。
親にすべくじっくり育てたいと思います。


P1000832.jpg
なんという寸詰まり(-ω-;)ウーン
縦に伸びずおにぎり型になってしまった。
まぁ、面白いからd(`・ω・´)окだ!


P1000837.jpg
この子は若干尾が弱い。
止まってると綺麗に広がるんですけど張りがなんとなく残念。
背に現れてる墨の出方が全体的に広がると、理想的な体色に近付きます。


P1000838.jpg
川原さんの舟で泳いでた魚はこんな体型の子ばかりでした。
尾がね。。
さくら尾になってるのがもったいない(´・ω・`)
来年は平付け三つ尾の子と交配かな( ・◇・)
スポンサーサイト
96:

久々の翠錦ですね。
やはりいい色ですね。
青水飼育はもう始めましたか?

実は最近私も絣というかキャリコ系に多少興味がありまして、もしかしたら…(笑)

2010.10.14 10:14 豚野郎 #- URL[EDIT] 返信
97:

体型遺伝を考えると桜尾個体でも捨てがたいですね。
赤入り個体でも少数ですが良魚(赤無し)が出来そう?採ってみる価値は有りそうに思えますがどうでしょうか?

豚野郎さん、キャリコ柄も奥深く面白そうです。
あれ、確かどこかで南京のキャリコ柄を見た様な気がしますが作っている方いるのでしょうか?
いや、夢かもしれませんので間違えていましたらすみませんです。







2010.10.14 11:21 ケン #/SZyEhbw URL[EDIT] 返信
98:

ケンさん

さくら尾でも軽微ならOKと、土佐錦魚なら定義付けがあるんですけど
ミューズ4兄弟については平付け三つ尾ということですね。
でもさくら尾でも平付けなら全然使えます。
尾の張りの弱い平付け三つ尾の個体との交配で部分改良できそうです。

赤が入っていても、実際に翠金体色の個体は出るそうです。
ただ、翠金体色の個体が出たので親にしてみたら、
今度は赤が多い個体だらけだったと笑いながら話しておられました。

アクアロードにてもう画像公開しちゃってるのでお話しますが
川原さんの江戸錦から、翠というより緑が強く表れてる個体が結構でました。
その個体には赤が入っているのも多く見受けられ
翠金の交配プロセスとは異なります。

そこで気になったのが、緑のポイントは赤なのかなと。
何の根拠もありませんし、なぜ赤?と言われて明確な答えはありません。
翠金で累代していけば色が濃くなるのは間違いないのですが
あくまで翠が濃くなるのであって緑とはまた違うのです。

自分で見たものと、そんな考えからから、実は赤多めの翠金は親にする気満々だったりします(笑)
翠金の親としてではなくまた別の形で^^

豚野郎さん

エラ気味になったりで調子崩すこと多かったので
半青水化した水槽でしばらくぬくぬく生活させてたんですが
大分体格がしっかりしてきたので、舟飼育にしました。
オリジナルのキャリコナンキン作るんですか?(・∀・)=ャ=ャ
青色浅葱がどこまで乗せられるかがキーになりそうですね^^

2010.10.14 20:35 シャム #uiF0Ky3U URL[EDIT] 返信
99:

こんにちは。

もう舟飼育に移行されたのですね。

かなり昔にイエローグリーンなる販売名の魚を見た記憶があります。今で言う翠錦だったのですかね?

キャリコナンキンは作らないですよ(笑)
なんきんは「なんきん」でなくては…


ケンさん

キャリコなんきんは出回らないですが、存在するみたいですね。

2010.10.16 12:30 豚野郎 #- URL[EDIT] 返信
102:いえいえ

イエローグリーンと翠金に関してはものすごく細かい違いがあります。

  ミューズの黄色は、どちらかというとミルク系に近い体色なのですが、色が揚がるとオスは黄色に変化していきます。
  メスは白色のままのケースが多かったのですが、青水で飼い込んで黄色化したメスも出てきました。
  ミューズは黄色透明鱗という特徴でしたので、川原さんも分譲する時に、黄色のミューズを出していたら
  メスばかりが残ったという話があります。
  イエローグリーンは、そのミューズの黄色をさらに濃くした、丁度私の翠金と同じ色合いをしています。

  翠金は、そのイエローグリーンに浅葱(青や黒)が乗り、イエローグリーンの黄色と浅葱の青により
  緑がかって見える個体を言います。
  私の翠金は、画像では黄色に見えますが淡い黄緑色に見えます。
  水槽でぬくぬくしてる間に墨が抜けてしまって、今後の色揚げで墨が戻るかがポイントになってきます。
  もっとも青の浅葱も少し足りないんですけどね( ; ゚Д゚)

したがって、イエローグリーン=翠金ではありません。
ミューズ4兄弟とよく称されますが、緑色の金魚を作るに当たって、黄色の金魚と青い金魚とを交配させるという
プロセスの中で、東錦の劣性遺伝により赤が入る個体、青が多い個体など様々です。
イエローグリーンは翠金への段階を経た金魚と言えます。

2010.10.16 22:09 シャム #uiF0Ky3U URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。